離婚すべきか悩んでいる場合

離婚の相談に来たものの、離婚について決断がつかない

多くの方が離婚の相談に訪れますが、中には、「離婚の相談に来たのですが、実は、まだ決断がつかないのです。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。それは、そうです。離婚は、将来の生活に重大な影響を与える決断ですから、悩まれるのは当然です。

一方、相談者は「離婚の意思は固いです。」とおっしゃっているのですが、話をよく聞くと、「まだまだやり直す余地がありそうなご夫婦だなあ。」と思うことも多々あります。思わず、私は、「こういう点を改善したら、旦那様とうまくいくかも知れませんよ。」と、夫婦関係継続の方向に向けて、アドバイスをしてしまうことがあります。(相談にいらした方は、離婚の手続きについて弁護士に相談に来たのですから、そんなアドバイスは余計なお世話なのかも知れませんが。)

夫婦関係円満調整の調停というものがあります

上記のように、離婚について決断がつかない方や、夫婦関係の改善の余地がある方に、私は、「夫婦関係円満調整の調停」をお勧めすることがあります。これは、通常の離婚調停と同じく、家庭裁判所の家事調停の一種ですが、あまり一般に知られていないようです。(実は、「離婚調停」と「夫婦関係円満調整の調停」とは、申立書のフォームは同一なのですが。)

この調停手続では、2名の調停委員が間に入って、夫婦の問題の解決に助言をしてくれます。間に誰かが入ってくれることで、夫婦関係の改善が図れるかも知れません。試す価値はあると思います。